レーザー脱毛って何?

クリニックではレーザー脱毛が主流なのですが、そもそもレーザー脱毛って何なのか?と聞かれると、ちょっと困りますよね。

 

レーザー脱毛は、もともとアザを治療するために生まれた方法で、以前は針脱毛だと痛みを感じたり肌トラブルを起こしてしまうという人が利用している方法でした。
また、針脱毛をするのには技術が必要になっていたため、それほど技術が必要ないとされているレーザー脱毛は重宝されるようになりました。
このレーザー脱毛はレーザーを照射することにより、ムダ毛の毛根を刺激し、毛根から抜けていくようになるという特徴があるのです。
レーザー脱毛が普及してきたことにより、施術をする人自体もそれほどのスキルを必要としないため、多くの人が利用できるようになりました。

 

ですが、レーザー脱毛が安定して使えるようになるまでには、様々な問題が起こりました。
脱毛効果を高くすると、肌に大きな負担がかかってしまい、人によっては火傷をするという事例もありました。
逆に、出力を高くすると効果が弱くなってしまうことで、脱毛効果が弱くなってしまうなどの問題がありました。
また、それだけでなく、もともと白人の人向けに作られていたレーザー脱毛は、日本人に照射すると肌が赤くはれてしまうという問題も抱えていました。
その後、皮膚にかかるダメージが少なく、レーザーを照射しても肌トラブルを起こさないようなレーザー脱毛器が登場しました。
レーザー脱毛器には、このようにして現在の姿になりました。
現在もより効果的で、肌に負担のかからないレーザー脱毛器を作るために、各医療メーカーが試行錯誤しているところです。