埋没毛の処理方法

埋没毛とは、皮膚の中で毛が成長してしまう毛のことを指します。
発毛しようとしたとき、その先ににきびなどができて毛穴が開かずに、毛が行き場をなくしてしまい、この様な症状が起こります。

 

この埋没毛。
なんとか取り出そうと、ピンセットでえぐるようにして毛を無理やり引っ張り出そうとする人がいますが、それは絶対にやってはいけないこと。
皮膚を傷つけてしまい、そこから炎症を起こしてしまう可能性があります。
また、色素沈着やシミの元にもなりますので、要注意なのです。

 

埋没毛は、1週間も経過すれば自然になくなりますから、気になっても我慢して見届けてあげましょう。

 

ですが、体質的な問題があるのか(?)、たくさんの埋没毛に悩まされている方もいます。
まるで毛の処理をしていないように見えるから、どうしても我慢できない!という場合は、仕方ありません。
次の2つの処置方法にチャレンジしてみてください。

 

@垢すりでこする
ある程度成長してきた埋没毛は、垢すりでこすると皮膚の角質が落ちていくのと同時に、取れていきます。
垢すりはミトンタイプとタオルタイプがありますが、肌への刺激を考えると、ミトンタイプが負担を軽減できて良いかと思います。

 

A皮膚科へGO!
これが一番確実で安全な方法です。
自分で処置をする自信がない、またはキレイに処置したいと思うのなら、皮膚科がオススメです。
特に、ワキの埋没毛は、炎症を起こしてしまう可能性が高いことから自己処置は避けておいたほうが無難なのです。
皮膚科なら、清潔な環境でキレイに埋没毛を取り出してくれますし、炎症を抑える軟膏なども処方してもらえるでしょうから、肌がデリケートな方でも安心ですね。